アフターケアを行わないとトラブルが起きるかも

2015年8月22日脱毛の効果, 脱毛の仕組み, コラム

 脱毛サロンのミュゼプラチナムは安い料金が魅力のサロンだと思われている方が多いかもしれませんが、実は安全な脱毛が出来ることも魅力の一つなのです。
ミュゼプラチナムの脱毛がなぜ安全であるかというとそれはミュゼプラチナムが採用している脱毛方法にあります。ミュゼプラチナムが採用しているのはS.S.C.脱毛という方法です。
S.S.C.脱毛というのは脱毛前にお肌に特殊なジェルを塗ることでお肌を冷却しながら脱毛が出来るものなのです。しかも、このジェルは脱毛機の光を浴びることで抑毛効果を発揮します。
そのため、他の脱毛方法よりも弱い光で十分な効果が出せるのです。弱い光で脱毛が出来るというのは非常に大きなメリットがあります。
それはトラブルが減ることと痛みが減ることです。とはいってもトラブル件数が全くなくなるというのはあり得ない話です。その理由としていえるのがアフターケアです。
実は脱毛直後からアフターケアを行いますが、直後のアフターケア以外は脱毛をされた方本人が行っていかなければならないのです。そのため、十分なケアが行われていないためトラブルが起きてしまうということもあるのです。
では、アフターケアにはどのようなものがあるのでしょうか?この点についてまとめていきたいと思います。

アフターケアを行わないとトラブルが起きるかも

1.どのようなトラブルが起きてしまうのか

2.やけどのトラブルを防ぐケア

3.ニキビを防止する

4.色紙沈着の予防

1.どのようなトラブルが起きてしまうのか

 脱毛の施術というのは思っているよりもお肌にダメージが大きい施術です。ですが、それに対してサロンが出来るアフターケアというのは非常に少なく、脱毛直後に保湿ケアを行うくらいです。
それ以外のアフターケアというのは脱毛をされた方ご本人で行っていくしかないのです。どのようなケアが必要であるかはサロンでしっかりと指導してくれますが、あくまでも指導だけなのです。
そのためどうしてもアフターケアをおろそかにしてしまう方がいらっしゃるのです。アフターケアをおろそかにすれば当然トラブルも増えてしまいますよね。
では、どのようなトラブルが増えるかというとやけど、赤み、腫れなども起きてしまいますが、ニキビや色素沈着などのトラブルもアフターケアを怠ると起きてしまうことがあります。

2.やけどのトラブルを防ぐケア

 脱毛のトラブルといって想像されるのがおそらくやけどのトラブルではないでしょうか?やけどのトラブルというのは実はちょっとトラブルであるかどうかの判断が難しいのです。
なぜなら脱毛の施術というのは施術の際にどうしても軽いやけどが出来てしまうものであるためです。
脱毛の施術というのは毛の周りに高熱を発生させて、その熱で脱毛を行っていくものです。そのため全くやけどをさせずに脱毛をするというのは非常に難しいのです。
とはいってもそのやけどは非常に軽いもので早い人であれば翌日にはほとんど治ってしまう人もいます。
ですが、放置してしまえばひどいやけどになってしまうこともあるのです。そのためアフターケアが大事なのです。
そこでおすすめなのがぬれタオルです。清潔なタオルを濡らしてお肌に充てておくと脱毛後に乾燥してしまったお肌のケアにもなり、やけどもしっかり冷やせるためおすすめの方法です。

3.ニキビを防止する

 脱毛直後からしばらくの間脱毛したパーツにはニキビができやすいという状態担ってしまいます。そもそもニキビといのは毛根部分が細菌感染を起こして膿んでしまう現象です。
ここで脱毛直後の状態を考えてみると毛穴の中に高熱が発生した直後であるため軽いやけどが出来ていて非常にデリケートになっています。
そのため感染しやすい状況にあるといえるのです。そのため脱毛直後のお肌は清潔に保つ必要があります。

4.色紙沈着の予防

 脱毛直後には色素沈着が起きやすいといわれています。その理由は色素沈着の原因であるメラニン色素が過剰に分泌されやすい状態であるからであるといえます。
なぜ過剰に分泌されてしまう可能性があるかというと、メラニン色素というのは本来お肌を守るために分泌されるものであるためです。
脱毛直後のデリケートなお肌に紫外線のダメージがあるとお肌を守るために普段以上のメラニンが分泌されてしまう可能性があるのです。
そのため、脱毛直後からしっかりとした紫外線対策を行う必要があります。